• トップページ
  • 基金について
  • 基金の取り組み
  • 活動紹介
  • アスリートからのメッセージ

基金の概要

横浜こどもスポーツ基金とは?

「横浜こどもスポーツ基金」は、障害のあるこども達等へ「スポーツ」を通じて、夢と希望を持って育ち、身近な地域でスポーツ活動に参加できる環境作りを行うことを目的に創設されました。

この目的を達成するため、横浜で開催されるさまざまなスポーツ活動をきっかけに、資金、寄付金の収集や関連イベントの開催、また各種団体が行う事業、イベント等への支援(寄付・助成等)活動を行い、障害者スポーツ等のより一層の推進を図ります。

この「横浜こどもスポーツ基金」は、「横浜トライアスロン」をきっかけに、ジョンソン株式会社からの寄付により誕生しました。

基金の概要

名称

横浜こどもスポーツ基金

主な事業
設立

2013年(平成25年)6月

代表

山口 宏(公益財団法人横浜市スポーツ協会 会長)

組織
横浜こどもスポーツ基金 幹事等名簿

(敬称略)

管理機構 幹事会
(一社)日本パラリンピアンズ協会会長 大日方 邦 子
(公社)日本トライアスロン連合専務理事 大 塚 眞一郎
(株)神奈川新聞社 取締役経営戦略本部事務局長 秋 山 理 砂
横浜市市民局理事 スポーツ統括室長 西 山 雄 二
(公財)横浜市スポーツ協会スポーツ事業局長 髙 橋 寛
運営委員会
(株)神奈川新聞社運動部長 下屋鋪  聡
アヤトトライアスロンスクール代表 松 山 アヤト
障害者スポーツ文化センター横浜ラポール館長 神 山  篤
健康福祉局障害福祉保健部長 上 條  浩
横浜市市民局スポーツ振興部長 熊 坂 俊 博
横浜市市民局スポーツ振興部担当部長 金 指 剛
横浜市教育委員会事務局 学校教育企画部 インクルーシブ教育エグゼクティブマネジャー 佐 藤 祐 子
(公財)横浜市スポーツ協会大規模スポーツイベント担当局長 金 子 忠 彦
事務局
(公財)横浜市スポーツ協会スポーツ事業部長 早 川 信 悟
(公財)横浜市スポーツ協会スポーツ事業課長
(インクルーシブスポーツ推進担当)
秋 田 浩 平
(公財)横浜市スポーツ協会スポーツ事業課 白 井 利 枝
(公財)横浜市スポーツ協会スポーツ事業課 大須賀 紀 子
(公財)横浜市スポーツ協会スポーツ事業課 中 村 奈 央
事務局オブザーバー
世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織委員会 事務総長 大久保 挙 志
横浜市市民局スポーツ振興課長 守 屋 喜代司
横浜市市民局スポーツ振興課担当係長 石 井 夕 美
トライアスロン横浜大会事務局 プランナー 横 山 美紀子
所在

公益財団法人横浜市スポーツ協会内
〒231-0015 横浜市中区尾上町6丁目81番地 ニッセイ横浜尾上町ビル

イラストの紹介

下記のイラストは、スポーツを通じてこども達が幸せになる願いを込め、トライアスリートの上田藍選手が描いたものです。

ロゴマーク

上田藍選手からのメッセージ へ