• トップページ
  • 基金について
  • 基金の取り組み
  • 活動紹介
  • アスリートからのメッセージ

新着情報

2018.7.3

「ドリームプロジェクト」が始動しました!

 平成30年6月27日、横浜こどもスポーツ基金を活用した新たな事業「ドリームプロジェクト」が県立保土ケ谷養護学校でスタートしました。
 「ドリームプロジェクト」は、「目指せ日本代表」を合言葉に、高い目標に向かって挑戦する子ども達をサポートする活動です。保土ケ谷養護学校では、「走る」「跳ぶ」「投げる」といった全ての競技の基礎となる陸上競技を行い、記録会や大会への出場を目指します。活動にあたっては、バルセロナオリンピック日本代表の渡邊高博コーチを筆頭に、元オリンピアンや学生コーチ等の指導スタッフのもとで練習会を実施していきます。

 「ドリームプロジェクト」は今後、他種目、他の会場での実施に向けて活動を進めていきます。

 

 第1回目の活動には、県立保土ケ谷養護学校高等部に通う2名の生徒が参加し、速く走るための基礎となるトレーニングに取り組みました。

●活動の様子

   

   

    

   

 

●申込について
 現在はグラウンドをお借りしている会場の県立保土ケ谷養護学校に通う生徒を対象に随時参加受付をしていますが、今後は他の特別支援学校や特別支援学級の生徒の受入もしていく予定です。
 ご興味のある方は、横浜こどもスポーツ基金事務局へお問い合わせ下さい。

 

「ドリームプロジェクト」に関するお問合せ先
横浜こどもスポーツ基金 事務局 <公益財団法人横浜市体育協会 内>
Email : info@yokohama-csf.jp