• トップページ
  • 基金について
  • 基金の取り組み
  • 活動紹介
  • アスリートからのメッセージ

新着情報

2014.10.24

活動紹介を更新しました(9月25日 横浜市立中学校個別支援学級・特別支援学校 合同体育祭)

活動紹介に、2014年9月25日に実施した「第55回 横浜市立中学校個別支援学級・特別支援学校 合同体育祭」を追加しました。

 

■実施概要
日時:9月25日(木)09:30開始
会場:三ツ沢陸上競技場(メイントラック)
スローガン:『みんなで応援、みんなで参加、力を合わせてがんばろう!』
内容:個人競技:50m走、100m走、ボール投げ、幅跳び、持久走(男子1,500m・1,200m、女子1,200m)、団体競技:400mリレー(男子、女子、混合)

 

■合同体育祭について
今年55回目を迎える合同体育祭は、個別支援学級、特別支援学校に在籍する生徒が主役となって活動できる貴重な機会の一つとして、これまで特別支援教育において、重要な役割を果たしています。
生徒たちとって、体育祭に参加することは、運動に対する自信と喜びを体得するとともに、在籍校では体験できない大きな集団の中で、社会で必要な規律と行動を身につけていく大切な機会となっています。

また、今年度から「横浜こどもスポーツ基金」(事務局:(公財)横浜市体育協会内) が支援し、運動用具類を新調するとともに、会場にパラリンピアン(ハイジャンパー) の鈴木 徹(すずき とおる) ※さんを招待することになりました。鈴木さんからは、激励のことばをいただくほか、走り高跳びのデモンストレーションもしていただくなど、プロアスリートとの交流プログラムが実現しました。

※パラリンピアン(ハイジャンパー) の鈴木 徹(すずき とおる)さん

陸上選手(プーマジャパン株式会社)・ハンドボール部監督(駿河台大学)
「日本人初の義足パラリンピアン」として、シドニー、アテネ、北京、ロンドン4大会連続入賞。

下腿切断(義足)
走り高跳び 2.00m(日本記録)

 

■詳細
http://yokohama-csf.jp/updateSystem/upload/introduction/20151212153321.pdf