• トップページ
  • 基金について
  • 基金の取り組み
  • 活動紹介
  • アスリートからのメッセージ

2015年度活動

イベント交流事業 支援センター・民間教育施設合同体験活動「芸能鑑賞会」

本事業は、支援センターに通室している児童生徒と、民間教育施設において支援を受けている児童生徒がともに集い、人間関係の改善や自信回復を図ることを目的に開催されました。 鑑賞会では、ダブルダッチチーム「ZERO」さん、横浜ビー・コルセアーズチアリーダーズ「B-ROSE」さんによるパフォーマンスデモンストレーション及びこどもたちの体験活動を実施しました。

2016年1月22日(金)
詳しくはこちら

スポーツ交流事業 横浜ビー・コルセアーズ特別出張授業(横浜市立日野中央高等特別支援学校)

昨年に続き、横浜市立日野中央高等特別支援学校にて、横浜ビー・コルセアーズによる特別出張授業を開催しました。 授業には1年~3年生 合計175名の生徒が参加しました。

2016年1月12日(火)
詳しくはこちら

イベント交流事業 浅田舞さんと一緒に滑ろう Supported by 横浜こどもスポーツ基金

「横浜銀行アイスアリーナ」のリニューアルオープンを記念し、オープニングイベント『浅田舞さんと一緒に滑ろう!』に横浜こどもスポーツ基金が支援。 横浜市の個別支援学級、特別支援学校小学部、神奈川県の養護学校に招待し、新リンクでスケート教室を開催しました。

2015年12月29日(火)
詳しくはこちら

観戦事業 プロスポーツ観戦(横浜ビー・コルセアーズ)

横浜市文化体育館で初開催した横浜ビー・コルセアーズ戦に190名(2日間計)の児童を招待しました。

2015年12月25日(金)・26日(土)
詳しくはこちら

イベント交流事業 ブラインドサッカー体験

「ブラインドサッカー体験」では、目が見える児童とアイマスクを着用した児童に分かれ、目が見えない状態の相手に、どのように説明をするか、どこに着目して説明をするか等を学びました。 また、見えない中でパスを行うことのむずかしさ、パスを受けるむずかしさをサッカーで体験しました。

2015年12月14日(月)・16日(水)
詳しくはこちら

スポーツ交流事業 ヨコハマ・サッカー・フェスタ Supported by スポレク

「多くの子どもたちに、スポーツの機会を」というテーマのもと、OB戦のフラッグベアラーなどの運営ボランティアに障害のあるこどもたちが参加。観戦とは違うスポーツ体験の場を提供しました。

2015年11月28日(土)
詳しくはこちら

イベント交流事業 横浜シーサイドトライアスロン大会

横浜ラポール協力のもと、障がいのある子どもたちをペアチャレンジの部に招待。なお今回はじめてパラトライアスロン、パラアクアスロン競技を独立し実施しました。

2015年10月25日(日)
詳しくはこちら

イベント交流事業 第56回横浜市立中学校個別支援学級・特別支援学校合同体育祭

昨年に続き、「横浜市立中学校個別支援学級・特別支援学校 合同体育祭(開催日:10月1日、会場:三ツ沢陸上競技場)」への支援を実施しました。

2015年10月1日(木)
詳しくはこちら

イベント交流事業 中学生Rising Sun Project ~夢の課外授業SPECIAL2015~

「Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2015」の次世代育成プログラムの一環として、東日本大震災の復興支援と交流を目的に、福島県の会津若松第二中学校(1校)と横浜市立中学校(7校)がEXILEの復興支援ソング『Rising Sun』を課題曲とするダンスを、横浜F・マリノス公式戦の試合前に発表しました。

2015年9月19日(土)
詳しくはこちら

スポーツ交流事業 『ラポールの祭典』における障がい児対象 バスケットボールクリニック

障がい者スポーツ文化センター横浜ラポールにて、横浜ビー・コルセアーズ選手によるバスケットボールクリニックを実施しました。

2015年9月6日(日)
詳しくはこちら