• トップページ
  • 基金について
  • 基金の取り組み
  • 活動紹介
  • アスリートからのメッセージ

支援活動事業

事業概要

基金事務局主催事業として、 3つの各ステージ目標を達成するため、卓球、水泳、陸上、サッカー、フライングディスク、セーリングの6種目で定期教室や体験会などを開催するプロジェクトを実施し、 障害のあるこども達がスポーツに親しめる機会を提供します。

エンジョイプロジェクト

スポーツをほとんど行っていないこども達でも、安心・安全に活動できる活動内容・種目に配慮し、継続的にスポーツの体験会を開催します。

卓 球
実施日 月2回程度 横浜こどもスポーツ基金支援活動事業(卓球)
会場 横浜武道館 
※「ヨコハマ卓球練習の日」開催日に実施
参加者 10名程度(知的障害児)
指導・運営 一般社団法人日本知的障がい者卓球連盟

フライングディスク
実施日 不定期 横浜こどもスポーツ基金支援活動事業(フライングディスク)
会場 神奈川県立保土ケ谷養護学校
参加者 10名程度(障害児)
指導・運営 かながわ障がい者フライングディスク協会
横浜市障がい者スポーツ指導者協議会

サッカー
実施日 不定期 横浜こどもスポーツ基金支援活動事業(サッカー)
会場 神奈川県立保土ケ谷養護学校
参加者 10名程度(知的障害児)
指導・運営 神奈川県知的障がい者サッカー連盟
横浜市障がい者スポーツ指導者協議会

セーリング
実施日 夏季開催 横浜こどもスポーツ基金支援活動事業(セーリング)
会場 横浜ベイサイドマリーナ
参加者 10名程度(障害児)
指導・運営 セイラビリティ横濱

チャレンジプロジェクト

トップアスリートなどの競技指導者による、選手発掘及び育成を行います。また、記録会や大会などの出場機会を増やすことで、こども達の積極的な参加につなげ、活発な活動を目指します。

卓 球
実施日 週3回 横浜こどもスポーツ基金支援活動事業(卓球)
会場 ラポール上大岡
横浜武道館 
※「ヨコハマ卓球練習の日」開催日に実施
参加者 10名程度(知的障害児)
指導・運営 一般社団法人日本知的障がい者卓球連盟

水泳競技
実施日 月2回 横浜こどもスポーツ基金支援活動事業(水泳競技)
会場 横浜ラポール
参加者 20名程度(知的障害児)
指導・運営 一般社団法人横浜水泳協会

陸上競技
実施日 不定期 横浜こどもスポーツ基金支援活動事業(陸上競技)
会場 神奈川県立保土ケ谷養護学校
参加者 10名程度(知的障害児)
指導・運営 渡高株式会社

ドリームプロジェクト

全日本選手権や国際大会等に出場した実績のある選手やチームをドリームアスリートと指定し、支援します。